外壁塗装に関する事を詳しくご紹介!

当サイトでは、外壁塗装に関する様々なデータやコラムを掲載しています。
住まいを快適に、かつ丈夫にしてくれる重要な工事とはいえ、その詳しい内容まで浸透しているとはいえません。それだけに、実際の工事の進め方から塗装後の寿命まで学ぶことは、たいへん重要です。知識を身に着けていれば、トラブルに遭うリスクも大きく抑えることができます。
当サイトで外壁塗装のことを知り尽くし、賢い家のオーナーになっていきましょう。

外壁塗装の寿命はどれくらい?

外壁塗装の寿命はどれくらい? 外壁塗装は、永遠にその効果が続くわけではありません。常に日光や雨風の影響を受けるだけに、徐々に力を失っていきます。その寿命の目安は、おおよそ10年です。
とはいえ環境によっては、より短くなることも考えられます。外壁にカビが生じたり、粉がふいたりすれば、要注意のサインです。
定期的な外壁塗装は避けられませんので、あらかじめ計画を立て、予算に組み込むことが求められます。
さらに少しでも長持ちさせるためには、業者の選定が非常に重要です。
信頼できる専門家の優れた施工ならば、壁材に合わせた塗料を用い、ポテンシャルを引き出してくれます。
遅くとも10年たったら外壁塗装を依頼して、住まいを再び美しく健やかなものにしていきましょう。

長く住むための外壁塗装

長く住むための外壁塗装 以前は建物というとある程度使った後で、建て替えをして作り変えるのが一般的でした。
しかし最近作られた建物は丈夫なので、メンテナンスをすれば長期間住むこともできます。
建物の状態を維持したい時は外壁塗装が重要で、定期的に塗装をすれば問題が起こりません。
外壁塗装をするのは見た目の問題もありますが、外壁を保護することも目的にしています。
建物の外壁は雨や風の影響で傷ができやすく、そこから色々なものが侵入してきます。
例えば傷に雨水が入りカビが生えて広がれば、木造の建物の場合は大きなダメージになります。
そういう問題を外壁塗装は防いでくれるので、長期間住みたい時に利用価値が高いです。
塗装をするメリットとしてあるのは、メンテナンス費用を安くし負担の軽減ができる点もあります。
建物は大きく壊れると修理費用が高くなりますが、小さな問題ならば軽い負担で直せます。
外壁塗装は建物が受けるダメージを減らせるので、修理をする時の費用を安くできます。
塗装をすることは費用のかかるものですけど、それ以上のメリットを得られるので効果があります。
建物に長く住むためには塗装を定期的に行って、外壁に問題が起こらないようにすると対応できます。

外壁塗装を行う際には下塗り材を使うと長持ちさせられます

外壁塗装を専門会社に依頼をした場合、塗装作業の工程は会社によって変わることがあり、洗浄後に選んだ塗料を2回から3回に分けて塗る方法だけではありません。下塗り材を用いる会社もあるので、長期間にわたって長持ちさせたいと希望する方は、下塗りに対応する会社を選ぶことで希望を叶えることは可能になります。外壁塗装の場合は常に野ざらしの状態にあることで、塗膜の劣化を起こしやすいものですが、下塗り材を使うことにより外壁に対して密着する効果だけではなく、上塗り塗装で使う塗料との密着性も向上する能力があります。このことにより短期間で塗膜が浮いてしまうことは無くなるメリットがあり、更に高品質な中塗り、上塗り用の塗料を選ぶことで、かなりの耐久性を実現することは不可能ではありません。料金は少し高めになる可能性がありますが、下塗り作業によって長期的な計算をすると次回に外壁塗装を行うまでの期間を長くすることができるので、リフォーム代の節約にも役立ちます。

セルフクリーニング機能を持つ機能性塗料を使った外壁塗装のメリットとは?

外壁塗装に使う塗料は、ウレタンやシリコンなどの樹脂成分が配合されている一般塗料と断熱や遮熱などの効果やセルフクリーニング機能を兼ね備えた機能性塗料などがあります。断熱や遮熱機能を持つものは、室内の温度を一定に保つ頃ができる効果を期待できるため、冷房や暖房などのエネルギーでもある電気およびガスなどの節約効果に繋げることもできます。また、エネルギーを節約できることからも自治体の中には助成金や補助金制度を用意している地域もあるので、外壁塗装を行うときなど活用されると良いでしょう。 セルフクリーニング機能を持つ機能性塗料は、UV塗料や光触媒塗料と呼ばれるもので外壁塗装後の外壁に光が照射すると汚れを浮き上がらせる作用を持つといいます。この汚れは雨が降ったときに洗い流すことからもセルフクリーニングなどの呼び名で呼ばれることも少なくありません。太陽の光で汚れが浮き上がる、雨が降るとそれを洗い流すなどのサイクルがあるので長期間きれいな状態を維持できるメリットを持ちます。

外壁塗装の費用相場を掴むためにも見積もりは数社に

30坪程度の住宅であれば、外壁だけのときには60~90万円が相場といわれているのですが、この金額は外壁の面となる免責によって金額が変わって来ます。例えば、住宅を真上から見たときに正方形などのような形をしている家と入り組んだ形をしている家では正方形に近い方が壁面の面積などが少ないので外壁塗装にかかる費用を抑えることができるわけです。そのため、外壁塗装の相場はあくまでも参考程度にとどめておいて塗装会社に見積もりを依頼して金額を把握することが大切です。 塗装会社はそれぞれ独自の方法で外壁塗装のコストを計算する形になるので、1社だけで決めるのではなく最低でも3社から5社には見積もりの依頼が大切です。提示された金額を見て、最も安い金額になっている会社を選ぶ人も多いかと思われますが、内容についての説明をなるべく専門用語を使わずに説明をするなど塗装会社目線ではなく利用する側の立場になって説明や対応を行う会社を選ぶことをおすすめします。

一般的な戸建ての外壁塗装の費用を把握しておこう

一般的に戸建住宅は、10年を目安として外壁塗装を行った方が良いとされています。検討するにあたりどれぐらいの費用がかかるのかと気になる人も多いかもしれません。外壁塗装の費用の相場は、一般的な二階建て住宅の場合80から150万円ほどとされています。これはあくまでも目安の数字として覚えておきましょう。使用する塗料の種類、また塗装の面積、劣化がどれだけ進行しているのかなど、さまざまな原因で価格が大きく変動します。 内訳は主に塗料の代金と工事の単価、そして足場代と利益の四つから構成されています。この相場をより正確につかむためにも、塗料代と工事の単価、足場代金のそれぞれの価格をもとに考えるのが一番良い方法と言えるでしょう。その中でも選ぶ塗料により大きく変動が見られます。選ぶ場合には単価だけではなく、耐久年数も一緒に考えることが重要です。耐久年数が高いほど価格も高くなり、耐久年数が低くなれば価格も低くなる傾向にあります。長いスパンで考えた場合には、一時的にはがお金がかかるかもしれませんが、高い塗料を選ぶことにより結果的にはお得になる可能性も大いに考えられます。

外壁塗装は色を変えることでリフォーム効果を発揮できます

外壁を点検した際に、劣化が見られるようであれば外壁塗装のリフォームをすることが全国各地で行われています。この作業をせずに放置してしまうと、雨漏りの原因となったり外壁内の木材などを腐食させてしまうリスクもあるので、タイミングをしっかりと見極めることは重要です。外壁塗装では既存の色だけではなく自由自在に色選びを行うことができるものなので、住宅の見栄えを大きく変えることに役立ちます。時代によって人気のカラーは変化をすることが多く、時代に合わせる方法や、施主のお気に入りのカラーに仕上げる方法など自由選択できます。普通の2階建て住宅の場合では、ツートンカラーに仕上げる方法も人気があり、色選びさえしっかりと行えば古い住宅でも新しく見える効果を発揮することを可能にします。ツートンカラーの場合は実際には色を選ぶことは難しい傾向にあるので、施工依頼をする会社側からのアドバイスを聞く方法や、写真を用いたシミュレーションを実施する会社に任せるとリフォーム効果を大きく発揮させることに成功します。

外壁塗装の耐久性を検証することが大事になる

外壁塗装の耐久を検証することが大事であり、多くの家主がその重要性を認識しています。
住宅の外壁は様々な気象条件に晒されるため、塗装の劣化や剥がれは避けられません。
そこで長期間にわたる美観と保護を維持するために、適切な塗料を選ぶことが不可欠です。
シリコン塗料が一番人気の理由は、その耐久と優れた特性にあります。
第三者の視点から見ると、シリコン塗料は優れた防水性を持ち、雨や湿気から外壁を守ることができます。
また、耐候性も高く紫外線や風などの自然の要因による劣化を軽減する役割を果たします。
これにより、外壁の色褪せやひび割れを最小限に抑え、美しい外観を保ち続けることが可能です。
さらに、シリコン塗料は優れた柔軟性を持っており、外壁の収縮や膨張に対応する能力があります。
これにより、温度変化や季節の変化による外壁の変形が起きても、塗膜が割れることなくその機能を維持することができます。
これは、住宅の耐久性を高めるうえで非常に重要なポイントです。
そして外壁塗装は一度行うと数年はその効果を実感できるものです。
そのため、適切な塗料を選ぶことは将来のメンテナンスコストを削減し、住宅の価値を保つうえでの賢明な選択です。
耐久性が求められる中シリコン塗料はその優れた特性により、多くの人々から支持を受けているのです。

外壁塗装の前に汚れを落とさなければいけない理由

外壁塗装を行う際には、作業前に外壁の汚れを十分に落とすことが必要です。
専門家目線から見ると、その理由は以下の通りです。
まず落とすことで塗料の密着性を向上させることができます。
外壁は長期間にわたり、大気中の微粒子や汚染物質などに晒されています。
これらが残ったままでは塗料が十分に外壁に密着せず、劣化や剥がれのリスクが高まります。
落とすことで新しい塗料がしっかりと接着し、耐久性を向上させるのです。
さらにこれすることで均一な塗り面を確保することができます。
外壁に付着した汚れやカビは、塗料の塗り広げに影響を及ぼし、塗りむらやムラ色を引き起こす可能性があります。
これにより外壁の美観が損なわれるだけでなく、防水性や耐候性も低下してしまいます。
徹底的な落としにより、均一で美しい塗り面を実現するのです。
いろいろな業者を選ぶ際のコツは、以下の点に注意することでしょう。
第一に、業者の実績と信頼性を確認することが重要です。
過去の施工実績や口コミ、評判などを調べ、信頼できる業者を選ぶことが外壁塗装の成功につながります。
適切な見積もりを提示する業者を選ぶことも大切です。
複数の業者から見積もりを取り料金や工程、使用する塗料などを比較検討することで、適切な価格設定やサービス内容を把握することができます。

住宅の外壁塗装の断熱性の仕組みを理解しよう

外壁の塗装の断熱の仕組みを理解することは、専門家目線から見ると非常に重要です。
外壁塗装における断熱のメカニズムを理解することで、その有用性と効果を正しく評価できるでしょう。
外壁塗装における断熱は、熱の移動をコントロールすることによって実現されます。
熱は常に高温から低温へ移動しようとする性質がありますが、外壁塗装の断熱材はこの熱の流れを適切に遮断する役割を果たします。
外部からの高温の熱を内部へ侵入させず、また冷房などで得た室内の熱を外部へ逃がさないようにするのです。
外壁塗装に導入するかどうかを検証する際には、いくつかの要因を考慮することが必要です。
第一に地域の気候条件を考えることが重要です。
寒冷地では断熱性の高い塗料や材料を導入することで、冷暖房の効率を向上させることができます。
一方温暖な地域では適切な断熱材の選択が求められます。
また、断熱性の導入によるメリットも考慮するべきです。
断熱が高い塗装は、エネルギー消費の削減に繋がり、暖房や冷房のコストを軽減する可能性があります。
室内の快適性や温度調節のしやすさも向上することでしょう。
しかし断熱の導入にはコストや効果のバランスを考える必要があります。
高性能な断熱材や塗料は初期投資がかかる場合もあり、そのコストを長期間で回収するかどうかを検討することが重要です。

外壁塗装で最新技術を使う会社を選びたいわけ

外壁塗装を検討する際には、最新の技術を取り入れる会社を選ぶことが重要です。
専門家目線で見ると、最新の塗装技術は外壁の耐久性や美観向上に有益であり、これによって建物の寿命を延ばすことができるのです。
ここでは、具体的な塗装方法について詳しく説明いたします。
まず、最新の技術の一つとして「断熱塗装」が挙げられます。
これは外壁に高断熱性の塗料を施し、建物内部の温度を安定させる手法です。
断熱塗装は季節ごとの気温変化から建物内部を保護し、冷暖房効果を向上させる効果を持っています。
専門家によると、断熱塗装を行うことでエネルギーコストの削減や快適な居住環境の維持が可能となります。
次世代の塗料として知られる「光触媒塗料」も重要な最新技術です。
光触媒塗料は、紫外線を受けて反応し、汚れや有害物質を分解する性質を持っています。
これにより、外壁表面の汚れが少なくなり、美観を保つと同時に、周囲の環境への負荷を軽減する効果が期待されます。
さらに、最新技術の中には「ナノテクノロジー塗料」も含まれます。
これは微細な粒子を使用して外壁の表面を保護し、耐久性を向上させる手法です。
ナノテクノロジー塗料は、微細な層を形成することで外部からの侵害を防ぎ、外壁の劣化を抑制します。
外壁塗装の専門家によるとナノテクノロジー塗料は微細な損傷から建物を守り、美しい外観を長期間維持する効果があります。

外壁塗装をするとき素材選びが重要な理由は

外壁塗装を行う際、質選びが極めて重要です。
なぜなら、外壁は建物を守るための最初のバリアであり、気候や環境から建物を守る役割を果たしています。
専門家目線で見ると、適切な塗料の選択は外壁の耐久性や保護機能に直結するため、慎重に検討する必要があります。
まず選びの重要性についてですが外壁は風雨や紫外線、気温の変化などの自然要因から建物を守る役割を果たしています。
したがって選ばれる塗料はこれらの要因に耐えるべきであり、そのためには適切な塗料やコーティングが不可欠です。
素材選びの際には、建物が位置する環境や気候条件、使用される建材などを考慮に入れて、耐久性や保護性能を最大限に引き出す素材を選ぶことが求められます。
会社によって扱っている塗料が異なるという点も重要です。
外壁塗装の専門家は、様々な塗料やコーティングの特性に精通しており、建物の種類や状態に合った最適な塗料を提案します。
一つの塗料が全てのケースに適しているわけではなく、建物の種類や地域の気候条件、予算などを考慮して適切な塗料を選ぶ必要があります。
そのため、専門家のアドバイスを受けることで、外壁の保護効果を最大化できるのです。
要するに外壁塗装は建物の寿命や外観に大きな影響を与える重要な作業です。

外壁塗装情報

多くのメディアで紹介されたリノベーションのスペシャリスト

中古物件 リノベーション 杉並区

新着情報

◎2023/10/2

情報を更新しました。
>外壁塗装の耐久性を検証することが大事になる
>外壁塗装の前に汚れを落とさなければいけない理由
>住宅の外壁塗装の断熱性の仕組みを理解しよう
>外壁塗装で最新技術を使う会社を選びたいわけ
>外壁塗装をするとき素材選びが重要な理由は

◎2022/1/26

情報を更新しました。
>外壁塗装を行う際には下塗り材を使うと長持ちさせられます
>セルフクリーニング機能を持つ機能性塗料を使った外壁塗装のメリットとは?
>外壁塗装の費用相場を掴むためにも見積もりは数社に
>一般的な戸建ての外壁塗装の費用を把握しておこう
>外壁塗装は色を変えることでリフォーム効果を発揮できます

◎2021/4/6

見積もりで注目すべきポイント
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

プロに任せるメリット
の情報を更新しました。

◎2020/7/30

補助金や助成金
の情報を更新しました。

◎2020/4/7

一般的な施工方法の流れ
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

外壁塗装にかかる費用の相場
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

防虫性能を付加した塗料
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

外壁塗装は基礎が重要
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

外壁塗装の耐久年数について
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

外壁塗装の目的と防水
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「外壁 工事」
に関連するツイート
Twitter

久保純子:NYで8年生活、すでに3回引っ越し エレベーター落下、外壁工事、水漏れも 「徹子の部屋」で明かす - MANTANWEB

返信先:この議案、教育委員会議傍聴していて、思わず吹き出してしまいました。 副教育長「この12億の工事は何をするんやったかいね?」 担当者「はい、移転する商業ビルには窓がないので、外壁を取り壊して窓をつけます」 副教育長「あー、図書館には窓が必要だからだね」………大丈夫か?広島市、ホントに。

明るい感じになるのかな。 それにしても次から次に話題に事欠かない。 広島駅南口「エールエールA館」 3フロアの外壁撤去し窓設ける工事 来月にも開始 中央図書館移転へ向け(テレビ新広島)

久保純子:NYで8年生活、すでに3回引っ越し エレベーター落下、外壁工事、水漏れも 「徹子の部屋」で明かす - MANTANWEB